096-273-81479:00~22:00

無料カウンセリング

熊本市中央区 パーソナルトレーニングジム パザパ

ブログ

サウナスーツで痩せることはできるのか?

 

前回のブログはこちら

↓↓↓↓↓↓

姿勢を変えれば痩せる!

 

こんにちは!

熊本で一般の方でもモデルボディメイク・ダイエットが受けられるパーソナルジム【pas à pas -パザパ-】代表の平野です。

 

パーソナルジムのパーソナルトレーナー。

 

少しでもダイエット効果を高めるためにサウナスーツを着ることを考えている人が居ると思います。

 

しかしサウナスーツは本当に効果があるのか?ということについてお伝えしていきます。

 

サウナスーツはたまにモデルさんや女優さんが使用していることを見かけることもありますが、そのほとんどがサウナスーツの効果を正しく理解していないことが多くあります。

 

そのため、今日の内容でしっかり理解するようにしていきましょう!

 

汗をかくことはダイエットに必要なのか?

 

具体的な内容としては、まず初めに「なぜ汗が出るのか」「汗が出るメカニズム」についてお伝えします。

 

その上で、「汗をかけば痩せるのか」「正しい汗のかき方」をお伝えしていきます。

 

今日の内容をしっかり理解できれば、サウナや岩盤浴など汗をかくことがダイエットにとって効果的かどうかを自分で判断できるようになるだけでなく、ダイエットにおいて無駄な努力・時間・お金を使わなくて済むようになります。

 

もし今ダイエットをしていて「何か付け加えたい」、ダイエットのためにサウナスーツやサウナ・岩盤浴を利用したいと思っているのであれば、ぜひ最後まで読んでいって下さい。

 


 

なぜ汗が出るのか。

 


 

ではまず、なぜ汗が出るのかということについてですが、それはズバリ「体温を下げるため」です。

 

人間は恒温動物であり、外界の気温変化に関わらず体温を一定に保つことができます。

 

その体温を一定に保つ時に「汗」が必要になります。

 

気温が高ければ汗をかいて体温が上がらないようにする。

 

気温が低ければ筋肉をブルブル震わせて体温が下がらないようにする。

 

このように汗は基本的に体温が上がらないようにするための機能とされています。

 


 

汗が出るメカニズム

 


 

では次にその汗が出る時はどういう時かを考えてもらいたいのですが、大きく2パターンあります。

 

それが、

①気温が高いところにいる時。

②運動した時。

この2つです。

 

最近の熊本はかなり熱くなってきていますので、外でじっと座っていても汗が出ますよね。

また、例え冬の屋外でもジョギングやスポーツをすれば汗をかきますよね。

 

暑いところでじっとしていても汗をかくのは、先ほどお伝えしたように体温が上がらないようにするためです。

寒い冬の屋外でもジョギングやスポーツをすれば汗をかくのは、筋肉が働くことで熱が発生し、その発生した熱で体温が上がらないようにするためです。

 

そして、ここが非常に重要なのですが、

 

汗はエクリン腺やアポクリン腺と言われる汗腺から反射的に出されるもので、汗を出すことにおいてエネルギーは消費しません。

 

ダイエットにおいてエネルギーを消費しなければ痩せることはできません。

 


 

汗をかけば痩せるのか?

 


 

つまり、汗をかくというのはそのものがエネルギーを消費するのではなく、汗をかくまでの過程でエネルギーを消費しているかどうかが重要なのです。

 

エネルギーを消費するのは筋肉を動かすかどうかです。

 

なので、暑い屋外で30分間じっとして汗をかいてもエネルギーはほとんど消費されていないけど、寒い屋外で30分ジョギングをしてじんわり汗をかいたほうが筋肉を動かしているためエネルギーは消費されているということになります。

 

これを考えると、サウナスーツやサウナ・岩盤浴は体を温めますが、それは暑い屋外にいるのと同じ条件であるため、どんなに汗をかいてもエネルギーを消費しないので痩せることはありません。

 

じゃサウナスーツを着て運動をすればいいのか?暑いところで運動をすればいいのか?という疑問が出てきそうですが、要は汗の量を増やすことで消費エネルギーが増える訳ではないので、サウナスーツや暑いところで運動などはプラスの要素にならないということです。

 

体を温めるということは血流を良くして老廃物を流したり、疲労を回復させたりの効果があるのでサウナスーツやサウナ・岩盤浴が何の効果も無いということではありません。

 

ただダイエットのために・痩せるためにという点では必要は無いですよということです。

 

汗を大量にかいた後は体重が2kg落ちることもありますが、それは単純に水分が体から抜けただけで脂肪が減ったわけではありません。

 

体の水分が蒸発したというイメージです。

 

なので、辛いものを食べれば痩せるというのも嘘ということになります。

 

これは辛い刺激に対して反射的に汗が出ているだけで、エネルギーを消費しているわけではありません。

 


 

正しい汗のかき方

 


 

ここまで読んでいただければもう分かっていただけると思いますが、汗をかくのであれば筋肉を働かせた結果、汗が出るというのがダイエットにおいての正しい汗のかき方になります。

 

ただ、中には運動しても汗が出にくいという方が居ると思います。

 

しかし安心して下さい。

 

汗が出ることが消費エネルギーを増やしているわけでは無いので、汗が出なくても筋肉が動いていればエネルギーは消費されています。

 

逆に汗をかきやすい方もいますが、汗をたくさんかいたからといって消費エネルギーが増しているわけでもありません。

 

汗をかいても書かなくても、筋肉を動かすことがダイエットにとって重要度ということです。

 

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 


 

関連ブログ

 


 

半身浴で痩せない理由。

 

白米大好きな人が痩せる方法

 

食べても食べても太らない人に共通する3つの事とは?

 

 


 

お知らせ

 


 

パーソナルジム【pas à pas -パザパ-】では、

 

①無料カウンセリング(現状のお身体のヒアリング・脂肪量や筋肉量を測定する体組成測定・トレーニングやお食事のアドバイス)→所要時間30分程度、無料

 

②上記に加え、今月限定で体験レッスン(30分整体+30分トレーニングの体験)→合計90分程度、税込1,100円

 

を行っております。

 

気になる方はお気軽にお問い合わせください。

 

無料カウンセリング・体験レッスンの詳細はこちら>>>

 

お問い合わせはこちら>>>

 

熊本のパーソナルジム【pas à pas -パザパ-】代表の平野でした

冬季限定カウンセリング+トレーニング体験レッスン1100円実施中