096-273-81479:00~22:00

無料カウンセリング

熊本市中央区 パーソナルトレーニングジム パザパ

ブログ

姿勢を変えれば痩せる!

 

こんにちは!

 

熊本で一般の方でもモデルボディメイク・ダイエットが受けられるパーソナルジム【pas à pas -パザパ-】代表の平野です。

 

熊本のパーソナルジムのトレーナー。

今日は姿勢を変えれば痩せるというところで、ダイエットといえば筋トレと食事制限ですが、そこに「姿勢を変える」という要素を付け加えることで、さらに痩せる体をつくることができるということについてお伝えしていきます。

 

この内容はモデルさんが体づくりを行う上で非常に大切にしているところで、この考えを真似していけばあなたもモデルさんのような美しいボディラインを手に入れられ、体重・体型のコントロールを自由にすることができます。

 

ダイエットを加速させる姿勢の変化。

 

具体的な内容として、まず初めに「なぜ姿勢が悪いと痩せにくいのか」「どのような姿勢だと痩せにくいのか」という点についてお伝えします。

 

その上で、「痩せる姿勢とはどのような姿勢なのか」「どのようにして痩せる姿勢をつくるのか」ということについてお伝えしていきます。

 

今日の内容を読むことによって、ボディメイク・ダイエットを加速させる姿勢がどのようなものかを理解できるだけでなく、今日からどのようなトレーニングやストレッチを行なっていけばいいのかということが分かります。

 

もし今、「厳しい食事制限はしたくないな」、「綺麗に痩せたいな」、「体重の減りが少ないな」と思っているのであれば、ぜひ最後まで読んでいってください。

 


 

なぜ姿勢が悪いと痩せにくいのか。

 


 

ではまず、なぜ姿勢が悪いと痩せにくいのかというと、「代謝が上がらない」からです。

 

ダイエットにおいて『消費カロリー>摂取カロリー』とすることが基本なので、消費カロリーを増やすか摂取カロリーを減らすかしないといけないということになります。

 

もしくはその両方を行うという方法もあります。

 

姿勢はこの2つのうち、消費カロリーに影響を及ぼしてきます。

 

消費カロリーの種類には、

 

・基礎代謝(1日横になっていても消費するエネルギー)

・内臓代謝(食事を摂った際に、消化・吸収で消費されるエネルギー)

・活動代謝(仕事や日常生活で消費するエネルギー)

 

の3つがあります。

 

1日の消費エネルギーのうち「基礎代謝が60%」「内臓代謝が10%」「活動代謝が30%」という内訳になっています。

 

そしてここが重要なのですが、姿勢が悪いと全身の筋肉をうまく使えないため、仕事や日常生活で消費するエネルギーが少なくなる。

 

さらに、内臓機能を低下させてしまう。

 

ということに繋がってしまうのです。

 


 

どのような姿勢だと痩せにくいのか。

 


 

もっと詳しく言うと、例えば猫背の姿勢だったとすると、「胸やお腹の筋肉は緩んでしまって上手く働けない」「背中の筋肉は張ってしまって上手く働けない」という状態のため筋肉が使われずエネルギーが消費されません。

 

また、この状態だと歩いてても腕を振れないため歩幅が狭くなり、さらに筋肉を使わなくて済むため消費エネルギーが上がらないということになります。

 

そしてこの時上半身の筋肉はほとんど使われず、脚の筋肉にばかり負担がくるため「下半身太り」に繋がってしまうのです。

 

これは反り腰の場合も同じで、お腹の筋肉が張ってしまう・腰の筋肉が緩んでしまうことで消費エネルギーが上がらなくなりまうす。

 

他にも「肩周りが硬い」「頭が前に突き出る姿勢」など姿勢が悪いと言うことはどこかの筋肉が働かなくなってしまっているため消費エネルギーが落ちてしまうということになります。

 

そして猫背だとお腹の筋肉が緩み適度な圧を内臓に加えられないため内臓が下がってきて機能が低下する、反り腰だとお腹に圧がかかり過ぎてしまい内臓が上手く動けないことで機能が低下してしまうということになってしまいます。

 

つまり先ほどお伝えした「活動代謝」「内臓代謝」が低下してしまうため、痩せにくいということになります。

 


 

痩せる姿勢とはどのような姿勢なのか。

 


 

ではどのような姿勢が最も痩せやすいのかということですが、ここまで読んで頂ければ分かった通り、「まっすぐの姿勢」が最も痩せやすいということになります。

 

もっと言うと、「全身の筋肉をちゃんと使える姿勢」ということになります。

 

姿勢がまっすぐになればお腹の筋肉・腰や背中の筋肉が適度に働くことでエネルギーを消費してくれるようになります。

 

さらに腕も振りやすくなり歩幅が広がり、消費エネルギーが高まる。

 

内臓も正常な位置でしっかり働けるため、エネルギーを消費しやすくなる。

 

ということにつながります。

 

そして、どこか一部の筋肉に負担がかかりすぎることも無いので、下半身太りが解消されたり、肩こり・腰痛の改善にもつながります。

 

では姿勢を良くすることを気をつければいいということでもありません。

 

よく言われるのが「胸を張りなさい」ということですが、意識的に姿勢を良くしようとすると背中の筋肉に負担がかかり過ぎてしまうため、結局他の筋肉が働けなくなってりして消費エネルギーが高まりません。

 

例えば、胸やお腹の筋肉が硬くなって猫背のような姿勢になっていた時に頑張って姿勢を伸ばそうとしても、固まっている胸やお腹の筋肉を無理やり引き伸ばさないといけないため背中の筋肉が頑張り過ぎてしまうということです。

 

つまり、意識的ではなく無意識に良い姿勢を取れるようにすることが大事ということになります。

 


 

どのようにして痩せる姿勢をつくるのか。

 


 

では、どのようにして無意識的に良い姿勢を取れるようにすれば良いかというと、姿勢が悪くなっている原因を1つずつ解消していく必要があります。

 

猫背の場合であれば、胸やお腹の筋肉が固まってしまっている・もしくは背中の筋肉が弱くなっている・その両方が起こっている。

 

ということが考えられます。

 

その場合は、胸・お腹の筋肉を伸ばすようなストレッチ・背中の筋肉を鍛えるトレーニングが必要になってきます。

 

反り腰の場合だと、腰の筋肉が硬くなっている・お腹の筋肉が弱くなっている・その両方が起こっている。

 

ということが考えられるため、腰を伸ばすストレッチ・お腹を鍛えるトレーニングを行うことで改善させることができます。

 

肩周りが硬くなっていたり、頭が前に出ているような姿勢の場合は、肩甲骨のストレッチや顎を引くトレーニングなどが必要になってきます。

 

このように、硬くなっている部分・弱くなっている部分に対してストレッチやトレーニングを行うことで、無意識のうちにまっすぐの姿勢を取れるようになり、内臓代謝・活動代謝が上がり痩せる姿勢をつくることができるようになります。

 

また、まっすぐな姿勢になれば見た目もものすごく綺麗になりますし、体重・体型のコントロールも自由に行なっていくことができます。

 

是非行なってみてください。

 

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 


 

関連ブログ

 


 

骨盤タイプ別、気になりやすい部位

 

ダイエットに整体を取り入れる理由。

 

モデルがダイエットで実践する食事って?

 

 


 

お知らせ

 


 

パーソナルジム【pas à pas -パザパ-】では、

 

①無料カウンセリング(現状のお身体のヒアリング・脂肪量や筋肉量を測定する体組成測定・トレーニングやお食事のアドバイス)→所要時間30分程度、無料

 

②上記に加え、今月限定で体験レッスン(30分整体+30分トレーニングの体験)→合計90分程度、税込1,100円

 

を行っております。

 

気になる方はお気軽にお問い合わせください。

 

無料カウンセリング・体験レッスンの詳細はこちら>>>

 

お問い合わせはこちら>>>

 

熊本のパーソナルジム【pas à pas -パザパ-】代表の平野でした

冬季限定カウンセリング+トレーニング体験レッスン1100円実施中