096-273-81479:00~22:00

無料カウンセリング

熊本市中央区 パーソナルトレーニングジム パザパ

ブログ

ダイエットで痩せた後って、どうやってキープするの??

こんにちは!

熊本でダイエットを専門で行っています、パーソナルジム 【pas à pas -パザパ-】代表の平野です。

 

お客さんからの純粋な質問を頂きました。

「ダイエットで痩せてきたのは嬉しいけど、痩せた状態をキープできるかですよね・・・どうしたらいいですか?」

というものです。

前回、このようなブログを書かせて頂きました。

↓↓↓↓

どんな優れたダイエット法でも必ずリバウンドする!?

その中で、「ダイエットで痩せた後リバウンドしていない人は必ず、運動・食事コントロールを続けている」ということを書いています。

どんなに食べても太らないという、もともとの体質というものもありますが、ダイエットをする人の多くは、食べてすぎて太ってしまった方がほとんどです。

そういう人の場合、食べすぎれば太りやすいという体質であることが多くあります。

(そんなに食べてないのに、太りやすいという体質もあります。)

そのため、筋肉をつけ基礎代謝量をUPさせ太りにくいカラダをつくるのが、パーソナルジムでの目的の一つでありますが、

食事量が、UPさせた基礎代謝量を大きく上回り、そして1日で消費するカロリーよりも多いカロリーを食事でとってしまえば、必ず太ってしまいます。

(基礎代謝量についてはこちらを参照ください。)

これは、どんなに筋肉ムキムキのボディビルダーであっても、同じ結果になります。

逆に、もともとどんなに食べても太らない体質の人は、

筋肉量に関わらず基礎代謝量が高い体質であったり、

食事から十分にエネルギーを吸収できなかったり、

余分なカロリーを排出する能力が極めて高かったりするのです。

この体質だったらいいのになどあるかと思いますが、遺伝子レベルでの体質というの変えることが難しいのが現実です。

それぞれの体質にメリット・デメリットがあるため、自分の体質ははどのような体質であるのか、それに合わせた食事・運動を行っていくのが理想の体型を維持していく近道であるということです。

そこで今回は、ダイエット後体重をキープするための食事について書きます。

①体重をキープする食事はどうしたらいい?

ずばり、「1日で消費するカロリーを上回らないように、食事をコントロールすること。」です。

詳しく説明すると、

例えば

基礎代謝量が1200kcalで立ち仕事がメインの人の場合、

2倍の2400kcalを1日で消費すると言われています。

そのため、食事で2400kcalを上回らないようにコントロールすれば、太ることはありません。

1200kcalの食事例はこちら

↑↑↑このリンクに記載してある食事を単純に2倍とったとしても太ることはないのです。

ダイエット前の方であれば少ないと思われるかもしれませんが、ダイエットを成功させた後であれば、食事量の大切さ・カラダに見える結果として現れることを知っているため、「けっこう食べていいんだ」という印象になるかと思います。

もし、これよりも多く食べてしまった場合は、そこで罪悪感に目を向けるのではなく、その後の数日間をやや少なめに調整して帳尻を合わせることで、体重はキープしていくことができます。

②「食べたいものを我慢している時期」を乗り越える考え方

食べ過ぎた後に、帳尻合わせで食事をやや少なめにしている時、どうしても目の前にお菓子やケーキ・揚げ物などの誘惑がやってくるかと思います。

そんな時、きっと人は誰しもが「食べてはいけない、食べてはいけない」と考えるかと思いますが、これだと頭の中が常に食べ物のことでいっぱいになり、より誘惑を強く感じてしまいます。

そんな時は、

「こんなもの、いつでも食べられるよね。」

です!

考えてみてください。

それを食べなければ死ぬわけではありません。

一生それを食べれなくなるわけでもありません。

一回我慢して、どうしても頭から離れなければ、その時にコンビニで買ってでも食べればいいのです。

そして、その後また食事コントロールや時には運動で消費してしまえばいいのです。

トンチのような、暗示のような方法かもしれませんが、そこを乗り越えてでもダイエット後の体重をキープしておきたい理由があるはずです。

我慢・我慢・我慢ではストレスの連続です。

1週間・2週間の短期戦でもありません。

自分のカラダとは一生付き合っていくものです。

その一生付き合っていくカラダの土台作り・ダイエットスピードの加速・体重維持を、

熊本のダイエット専門パーソナルジムpas à pas -パザパ-で行っています。

③人の体には絶対欠かせない糖質量について

人のカラダには糖質は欠かせません。

というよりも糖質に関わらず、人に不必要な栄養素はありません。

全ての栄養素が、人には必要なものです。

その一つを欠かせば、必ずどこかで歪みが生じ、ダイエット後のリバウンド・不健康へと繋がりかねません。

人に必要な栄養素はものすごい数あるため、1日でそれらを全て取ることはなかなか難しいのですが、1週間かけていろんな栄養素を摂っていくことが、ダイエット後のリバウンドを防ぎ健康的に体重をキープすることに繋がります。

その中でも糖質は、人のカラダのエネルギー源であるため毎日摂っていきたい栄養素です。

1日で撮りたい糖質量は、最低でも100〜150gで、

ご飯小盛り1杯(ごはん100g)に、36.8gの糖質が含まれているため、

3食ごはんを食べたとして、110.4gの糖質量になります。

1日150gの糖質を摂るとして、残り40gの糖質をその他のおかずで摂って大丈夫です。

少し例を挙げれば、

・ハンバーグ1個で糖質16g

・豚肉の生姜焼きで糖質7.9g

・鳥の唐揚げ5個で15.7g

・豆腐やわかめ、大根などを使用した味噌汁で糖質3〜7g

などです。

これら全て食べると糖質量46g程度になるので、やや多くカロリーも高くなるため、全て食べるのは危険ですが、それでも糖質量が大幅に多くはなりません。

これらの食事でカロリーにも気を配って食べれば、自然と糖質量も少なくなるので、糖質量150gを越えずに食事を摂ることができます。

気をつけないといけないのは、1日で摂る量であり1食で摂る量ではないというところです。

 

このような食事を、習慣として身につけていけば、ダイエット後も自分のカラダを自在にコントロールしていくことができます。

 

もう一度、、、

「こんなもの、いつでも食べられるよね。」

これは忘れないでください。

多くの方は短期的に結果を求めたり、神経質になり一度多く食べてしまっただけてもうダメだと、自分を追い込んでしまったりします。

どうしても我慢できなければ、その時は食べ、その次の食事から気をつけていけば大丈夫です!

 


 

【お知らせ】

パーソナルジム【pas à pas -パザパ-】では、

①無料カウンセリング(現状のお身体のヒアリング・脂肪量や筋肉量を測定する体組成測定・トレーニングやお食事のアドバイス)→所要時間30分程度、無料

②上記に加え、今月限定で体験レッスン(30分整体+30分トレーニングの体験)→合計90分程度、税込1,000円
を行っております。

気になる方はお気軽にお問い合わせください。

無料カウンセリング・体験レッスンの詳細はこちら>>>

お問い合わせはこちら>>>

パーソナルジム【pas à pas -パザパ-】代表の平野でした。

冬季限定カウンセリング+トレーニング体験レッスン1100円実施中