脳科学が証明!糖質制限はリバウンドする!?リバウンドしないために知っておきたい食事。

Posted on: 2018年7月1日, by :

糖質制限をする食事

多くのパーソナルジムで取り入れられている糖質制限ですが、よく聞くのは「糖質制限をした後はリバウンドした」というもの。

リバウンドしないためには、筋肉をつけることが大事!とよく言いますが、

筋トレをしても、糖質制限をしてしまってはリバウンドリスクが高くなってしまいます。

せっかく、筋トレでリバウンドしにくいカラダをつくってるはずなのに、

食事方法ではリバウンドリスクを高めている可能性が高い!

そこで、

①なぜ糖質制限は痩せるのか。

②なぜ糖質制限をするとリバウンドをするのか。

③結局食事方法はどうしたらいいのか。

ダイエット専門パーソナルジムpas à pas -パザパ-で行っている食事方法も踏まえ、この3つを明らかにしていきます。

 

①なぜ糖質制限は痩せるのか

近年の研究では、「摂取カロリーは関係ない。太るのは糖質をどれだけ摂ったかだけである。」という結果で出ているようです。

食事で糖質を摂ると血液中の糖の値が上がります。

その血液中の糖を、筋肉や内臓がエネルギーとして使うためにインスリンというホルモンが血液中から各筋肉・内臓へ取り込みます。(結果的にこれが、血液中の糖の値が下がる=血糖値が下がるという意味)

インスリンが糖をエネルギーとして各筋肉・内臓へ取り込むのですが、余った分は脂肪に変換され体に蓄積されます。

このインスリンというホルモンは、たんぱく質や脂質を摂った時にはほとんど出ないと言われており、糖を取り込み余った分が脂肪として蓄積されるのは、糖質を摂ってインスリンが出た時である。というのが、近年の研究で言われているようです。

つまり糖質を断ち切れば、インスリンがほとんど出ないため、糖質以外のものをどんなに食べても脂肪はつかない。

また、脂肪になるもの(糖質)が入ってこなければ、体に溜まった脂肪を基礎代謝や運動で燃焼すればどんどん痩せていくということです。

これが糖質制限で痩せる理由です。

 

②なぜ糖質制限をするとリバウンドするのか?

最も知っておきたいのはココ!

人は糖質を摂った時、ドーパミンが放出されるます。

ドーパミンは放出されればされるほど「幸せ」「やる気」などを感じるホルモンです。

つまり普段の食事で糖質(ごはん・麺など)を食べている時は、ドーパミンが出て幸福感を得ているのです。

しかしダイエットで糖質制限をするとドーパミンが出る機会が減り、1日の中で幸福感を感じにくくなります。

人は幸せを感じないのは苦痛であるため、早い段階で糖質を欲するようになります。

まずこれが糖質制限が続かない理由です。

次に、

無事、糖質制限で目標達成した後に何かの拍子に糖質を摂ってしまったとします。

家族や友達・恋人と食事に行った時に、目標達成のご褒美として、つい食べてしまうかもしれません。

その時がリバウンドへの道を突き進むのです。

久しぶりに糖質が入りドーパミンが出るのです!

ドーパミンは幸せを感じるホルモンです。

そう、久しぶりに糖質を摂ると、今まで抑えられていたドーパミンが放出さら、これまでよりも幸せで仕方ないのです。

食事で感じていた幸せを取り戻したのです。

そうなると、もう止められません。

もっとドーパミンが欲しくなり、糖質を欲するようになります。

そして、太るのは糖質を摂ってインスリンが出た時だけ。

その唯一太る糖質を止められなくなるのです。

これが糖質制限をしてリバウンドする仕組みなのです。

*他にも様々な理由がありますが、ここではその一例としてお考えください。

 

③結局食事方法はどうしたらいいのか。

ポイントは、やはりバランスの良い食事をすること。

2つあります。

1つ目は、

普段から幸せホルモン、ドーパミンを出しておく!

これが非常に重要になります。

つまりリバウンドしないためにも、ダイエット中でも糖質を摂る必要があるということです。

でも糖質は太るのでは・・・と心配になるかと思います。

しかし、大丈夫です。

糖質も人のカラダが1日で使う量がある程度決まっています。

その1日分だけを毎日取れば太ることはありません。

すべて消費されますから。

取り過ぎればもちろん太ります。

その目安は、糖質100〜150gです。

 

2つ目は、

カロリー計算をして、バランスの良い食事をすること。

糖質は高カロリーのものがほとんどであるため、カロリーを抑えるということは、自然と糖質の量をコントロールすることになります。

また、カロリーを抑えてたくさん食べるには、野菜を多く摂ったり鶏胸肉やササミで低カロリー高タンパクなものを摂ったり、肉でも茹でたりグリルで油を落としたりなど、調理法を工夫することで可能となります。

そうすることで、ビタミンやミネラルなどダイエットで不足しがちな栄養を摂りながらも、筋トレの効果を最大限引き出すタンパク質も多く摂るということになるのです。

大事なのはバランスの良い食事です。

1日で2000kcal摂るとしても、そのほとんどを糖質で摂ってしまっては意味がありませんので、ご飯・肉や魚・サラダ・味噌汁などをバランス良く摂っていくことが重要です。

 

以上、この二つが、リバウンドしないための食事方法です!

 

しかし、糖質量を考えたり、カロリーを計算したりするのは簡単ではありませんし、時間もかかります。

そこで、パーソナルトレーナーの出番です。

トレーニングだけでなく、食事をしっかり管理してくれる専門家がいるから、あなたはこれくらいの食事でこれくらいのカロリーなんだと、感覚で覚えるだけでいいのです。

さらに、糖質制限は糖質をカットすればどれだけ食べてもいいため胃が大きくなったままですが、カロリーコントロールすることで、胃が小さくなり一定のカロリー範囲内で満足できるようになります。

運動だけでなく食事からもカラダを変えていくことができます。

その食事方法を行っているのが、ダイエット専門パーソナルジムpas à pas -パザパ-です。

ホームへ戻る

ブログTOP

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。