寝ている間に脂肪燃焼!?

Posted on: 2020年1月10日, by :
睡眠で脂肪燃焼

こんにちは!

熊本で唯一「モデルボディメイク×美姿勢整体」が受けられるダイエット専門パーソナルジム pas à pas -パザパ-代表の平野です。

今日は以下の2つの記事の続きの最後になります。

モデルが実践する食事って?

タンパク質を食べると脂肪を分解する!?

前回の記事までにポイント①〜③について解説しましたので、今日は残りのポイント④〜⑤をお伝えしていきます。

ポイント④

水分を体重(kg)×50cc飲む

ダイエットに水分は重要です。

これは厚生労働省より体重(kg)×37〜45ccが推奨されており、ダイエット中は運動などにより代謝が活発になるため50cc飲むことがベストとなります。

たとえば、体重50kgの人であれば50kg×50ccで2500cc(2.5リットル)を飲むことがベストとなります。

水分不足が起こると、脂肪を燃焼しにくくなったり、糖質をエネルギーに変えることができず脂肪になってしまったりとダイエットにおいては致命的となります。

それを防ぐためにも水分は重要となります。

できれば午前中に1日に必要量の半分ほど飲めるとさらにいいです。

汗をかいていなくても寝ている間に水分は抜けていってしまっているし、代謝が活発になる午後の前に水分をしっかり補給しておくことで午後からの脂肪燃焼効果を高めていくことができます。

ここで注意したいのがどんなもので水分を取るのかですが、基本カフェインが入っていないものがベストです。

カフェインは利尿作用がありますので、水分摂取にはあまりなりません。

コーヒー、紅茶・緑茶・ウーロン茶などカフェインが入っているものを飲んだら、同量の水を飲むとプラマイ0となります。

プラマイ0なので、水分摂取の計算には入りません。

もちろん、カフェインやカテキンなど健康にいい面もありますので、飲んだらダメ、カフェインが入っているものは悪というわけではなく、あくまでもダイエット(減量)においてはということです。

特に女性の方は水分を摂取しない方が多いですので、気をつけてみるといいかと思います。

当ジムでは水分量を計測することもできますので、気になる方は是非体験に来てみてください。

カウンセリング&体験はこちら。

ポイント⑤

睡眠時間を6時間以上とる。

睡眠で脂肪燃焼

食事とは懸け離れるのですが、脂肪を燃焼するのには非常に重要です。

睡眠中は血液中の糖質よりも蓄積されている脂肪をエネルギーとして使うためです。

つまり起きている時よりも寝ている時の方が脂肪を燃焼する割合が高いのです。

もちろん寝ている間のエネルギー消費量は少ないのですが、それでも脂肪を燃焼する時間をしっかり確保するという意味でも睡眠時間をしっかり取ることは重要です。

また、睡眠時間が短い人は長い人に比べると肥満率が高いという研究データもありますので、睡眠時間はしっかり確保しましょう。

いつもよりも1時間早く布団に入ることを意識することから始めるといいですよ。

いかがでしたでしょうか?

ポイント①〜⑤を実践するだけでも健康的なダイエット、モデルさんのようなメリハリボディに近づくことができますよ!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。